今まで使ってきた歴代のスマホ&ケータイ達を振り返ってみる【1999〜2019】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

過去20年の自分ガジェット史を振り返ってみたいと思います。

興味ある方はお付き合いください!

au 東芝ガラケー C310T (1999~)

記念すべき最初のケータイ、高校生のあの頃、、

学年で一番最後にケータイを持ったのが私でした。

9割はdocomo使ってる中、自分は生まれたてのau!

着メロ制作機能を使ってオリジナル曲作ったりゲームの曲を打ち込んで遊んでいました。当時の着メロは3和音が主流でしたが、この機種は史上初?の16和音搭載でクラスメート達が音の豪華さに驚いてたり!懐かしすぎる!
課金して着メロをダウンロードしまくってた!

ポポポ、、の操作音が蘇る、
思い出深い端末です、、

au 三洋電機ガラケーA5507SA(2004~)

2代目のケータイはこれでした。

地元のケータイショップで物色して「1円」だったからつい選んだ端末。

ちょっとメルヘンチックな外見だけど閉じたときの佇まいといいパールっぽいキラキラした質感といい、結構お気に入りでした。

久々に買い替えたので性能も当然底上げされていて、画面解像度も、カメラ画質も上がってて、いい感じだった。

au 東芝ガラケーW54T (2007~)

見た目がイケメンすぎて選びました
そう!この色に惚れたのよ!マカライトグリーンとかいう鉱石チックなネーミングも良し!メタリックなグリーンが最高でした。

画面も一気に大きくなって最先端感がやばかった、この頃からガラケー界では画面の大きさ競争が加速していた気がする。

晩年、緑色が剥げだしたのでわざと全部削ってハゲにしてメタリックシルバーとして運用してました。あれはあれで最高だった。

この子との最期は解約した日にまさかの落として失くすという別れ、、、

おさいふケータイの残高と共に悲しいお別れだったよ君とは、、、(泣)

サブ apple iPod touch 初代 (2007~)

pocket wi-fiと一緒に持ち歩いて「スマホ」として使い始めました。
当時はそんな事してる人は周りには居なかったな。
2008年頃はまだガラケーが主流でしたが、iPhone 3Gが初めて日本に入ってきてそこからじわじわとスマートフォンが広がり始めました。

特に日本にいる外国人の方々はガラケーが難しすぎて皆iPhone 3Gを使っていました。

私も当然iPhoneが欲しかったけど運用コストが高いので月額のかからないiPod touchを選びました。外に居ながら2chを見たりwebページをオフライン保存して見たりと、めちゃくちゃ画期的デバイスでした。

裏面の質感がそそる第2世代。
ヤスリで裏面全部削ってヘアライン加工に仕上げたりもした

その後iPod touchは新機種が出るたびに買い替えて5世代目まで愛用しました。

第5世代はイエローカラーをチョイス

第5世代は薄くて長くて超イケメンだった。美容室かどっかで使ってたら「そんなに薄いスマホあるんですか?なんですかそれ!?」とか驚かれたりもした。

なお、フィリピンで失くしました。(タクシーに乗ったときポケットから落ちてたらしい、、)1500枚の未バックアップの写真が無くなったのがとにかく惜しい、、

au ソニー・エリクソン ガラケー Cyber-shotケータイ S001 (2009~数日のみ使用)

ソニーのイケてる高いガラケーです。

もともと共済みたいなグループに加入してauと契約していたので、auポイントが無尽蔵に使えたため、実質タダで手に入れた機種でした。

カメラ性能も良いし自分で使うつもりで買ったけど

ヤフオクで高く売れることに気づいてしまい売っぱらいました\(^o^)/

あかんやつここにおる、、

サイバーショット謳ってても、起動も遅いしガラケーのカメラなんてたかが知れてましたがね。

simフリー LG Optimus Vu2 (2013~)

フィリピン北部の高原都市バギオで入手

脱サラしてフィリピンで語学学校の留学エージェントを立ち上げている時に買いました。

ローカルショッピングモールの脇にあるスマホ屋が大量に並んでるところで発見。念入りに動作確認して買いました。

中古だけど円換算1.5万円で買えたので超安い、、

フィリピンのノマドワーカーライフは悪くなかった。

日本では見かけない大画面のルックスに惚れました。

カメラとしてもすごい撮りやすいし見やすくて超お気に入りガジェットでした。

この画面サイズはかなり異端児的ポジションのスマホでした。

docomoからはこの機種の前世代の「optimus vu」は出ていたけど、このvu2は日本未発売。

晩年は壊れたのでジャンクとしてヤフオク行き。韓国人の方に買っていただきました。

Y!mobileスマホ Google nexus 5 (2014~)

帰国後、先のLG optimus vu2が壊れたのでこちらに乗り換え!

このシャア専用の如き真紅のカラーに惚れて絶対この色が良い!この色じゃなきゃありえない!と飛びつきました。

なおガノタじゃないけどシャアは知っていますよ。有名なので。3倍の人ですよね。

ヨドバシカメラで実物を見た時に「黒にしなさい!」と結婚前の嫁に猛反対されたけど、ここは絶対に譲れないポイントだったのでエイヤで押し切りこのカラーを選びました。

実物の赤は、赤が赤すぎて目に痛いくらいのめっちゃどぎついショッキング・レッドで、嫁は相当ドン引いてたけど、私はこの尖ったカラーに俄然テンション上がってしまい店員さんと意気投合して選びました。

なお店員さんのNexus5はブラックでした。

なお見に行ったヨドバシで買わずにネットで一番安かったスマホショップで買いました。

うろ覚えだけど機種代一括0円で月3千円くらいだったかなー

ギガは5GB込みとかで

格安SIMが選択肢に無かった当時は破格の安さだった。

晩年はバッテリーの持ちがとにかく悪くなり、aliexpressで新しいバッテリー(大容量の互換品)を取り寄せるも相性が合わないみたいで起動せず、
見切りをつけた。

通話用サブ Y!mobile ガラケー ENERUS WX03S (2014~)

ヤフオクで買った白ロムをY!mobileショップに持ち込んで契約!

なんで2台買ったんだっけ?MNPの弾?

ただでさえスマホと通話専用機の2台持ちなのに、仕事用電話と個人用電話に分けていたので3台持ち!?

この機種の良さはとにかくバッテリーの持ちが良いこと!

1週間くらい普通に使い続けられます。

あとバッテリー残量がトップにバーンと出てて分かりやすいのも◎

通話用サブ 京セラDIGNOケータイ(2016~)

仕事用の携帯を新調しました。

なんでこれに変えたかと言うと、利用料金がめちゃくちゃ安かったから!

ソフトバンクへのMNPで乗り換えで契約すると3年間の間だけ月額880円で電話かけ放題になるので、Y!mobileを解約して乗り換えました。

先日3年間の役目を終えて解約(MNP)しました。

ちなみにもし3年目を超えてしまうと月額3400円くらいになってしまうので乗り換えるしか無かった。

現在は楽天モバイルで月1480円のプランに変えましたが、これで十分!

10分通話かけ放題と2GBのデータが込みだけど、2GB超えても1Mbpsの速度でネット出来るので、自分にとっては実質ネットつなぎ放題&電話かけ放題の神プランでした。

SIMフリー Huawei Mate7 (2016~)

池袋のビックカメラアウトレットで展示品特価の1.5万円で買いました。
当時めちゃ安かった。

とうとうディスプレイも6インチの時代!

mate7は性能も良くてバッテリーも長持ちですごく優秀なスマホでした。

この頃からHuaweiはだんだん世間でも認知され始める。

ベゼルも薄いし6インチのディスプレイが映えるしめちゃテンション上がる端末だったぜ、、

なおテンション上がりすぎてある日道路に落としてしまう。

結果、画面下部にヒビが入ってしまい、↑こんな感じでしばらく使っていました。

が、だんだんディスプレイがタッチ反応しづらくなり、使用終了。

iPhone 6 plus (2017~)

しかたないので型落ちのiPhone 6 plusを購入。

新橋のじゃんぱらで12,800円でした。
softbankシムロック、64GB、傷あり本体のみ。
音量ボタンがやや潰れ気味だったのが安さの理由。

購入したその足で秋葉原へ寄りsim下駄を入手して、めでたくSIMフリー機として運用開始。
iOSには古くから親しんで来たけど、なんだかんだ初めてのiPhoneユーザーになる。

プラハでも活躍

引退後はサブ機として家の中で活躍中

バッテリーがヘタってきたのでaliexpressで取り寄せて入れ替えし、今なお元気。

SIMフリー ASUS ZenFone AR (ZS571KL) (2018~)

2016発表時からスペックに惚れていたこいつに満を持して手を出す。
中古でお値段4万ちょい。

tangoやらdaydreamやら新技術にワクテカするもすぐに飽きる、

さらに、変に高機能ゆえバッテリーの持ちが悪くだんだん買い替えたくなってくる。

高性能だけどちょっと癖があるんだよなあ。

↑写真は深センで、そこら辺に乗り捨てられたレンタルチャリを表示してるシーン。

中国では現地SIMを入れて大活躍しました。

ある日カメラがバグってサーモグラフィのような写りになってしまった!

インカメは青いサーモグフィのような写りに!
アウトカメラはなぜか白黒で超広角に、
おそらく本来カメラとして使用される筈のないセンサー用白黒カメラがカメラとして表示されてしまっている様だ。

ほんと怪現象だった

カメラが使えないのは致命的なので使用終了、

ジャンクとしてヤフオクへドナドナ。

SIMフリー Huawei Mate9

最初からこっちを選んでおくべきだった!

Huaweiの名機Mate9にお乗り換え!

裏面の指紋認証がとにかく便利

自然に持って画面を見たときにはロックが解除されている。

処理性能も高くて、画面も見やすくベゼルも薄く、バッテリーの持ちもすこぶる良い。そのくせ値段も安く、新品でも5-6万程、海外に比べて日本は安くて優遇されている。なお私は中古で2万で買えた。

欠点を上げるとしたら、カメラのフォーカスが自動で合いづらい時があって、わざわざ画面をタッチしてフォーカスを合わせてやらないと合わないシーンがたまにある点、特に動画撮影時にフォーカスが合わなくなりがち。あとカメラがどうも暗く写りがち。

でも全体的に良い端末。もうしばらくはこれを使っていこう。

カメラの起動は音量ボタンをダブルクリックですばやく立ち上がるのは良い!

2019年6月現在このHuawei Mate9を使っています。
アメリカに絶賛シバかれ中のHuaweiですが私は応援しています!

今後欲しい端末はHuawei Mate20 pro!

https://consumer.huawei.com/jp/phones/mate20-pro/

2019現在未だモンスタースペック、特にカメラが進化しすぎ
中古で5万円くらいになったら買います。

The following two tabs change content below.

JUN

ついに1児の父:30代たまに音楽作ったりもしてます
カメラ系ガジェット好き。ピアノ&フィドル弾き。ゲーム好き。ライトゲーマーですがPS4のダークソウルシリーズにはハマった。今はOculus Questを買ってVRゲームの扉を開けてしまいました。 全天球パノラマ撮影の仕事をしてます。よろしくお願いします!
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする