【子育て】産後に知った事実!母乳は無料じゃない!母乳で痩せる訳じゃない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

こんにちはKAKOです。
子育てという唯一無二の経験させてもらっています。
お母さん歴4ヶ月の私ですが、産前の知識がどれだけ根拠のないものだったのかを身をもって体感中です。

こんにちは、右も左も分からない第一子の子育てに一日かかりっきりのKAKOです。 一日が過ぎるのが早すぎて早すぎて・・・・。 自分の時間を...

スポンサーリンク

母乳は無料!?は奇跡的な一部の人だけ!

我が家の母乳は有料です。
ひと月1万円〜2万円かかっています。
母乳は家計に優しいと聞いていたけど違う我が家は違う。
時を遡れるなら粉ミルクで育児をしたかった。
どれだけ心も身体もラクか・・・。 

母親がラクだと子供に対しても余裕がでるので、ぜったい子供にとっても良い。
旦那とも母乳が原因で何度も無駄に衝突している。 

お金は、おっぱいマッサージ(母乳外来)でかかっています。
乳口炎(白斑)により、しこりが繰り返し出来てしまっています。
それが悪化して乳腺炎になると大変な事になるので、回避するために助産師さんにマッサージしてもらうのですが、保険が効かないので1回5,000〜6,000円もかかります。(金額は地域差が大きい)

しこり(白斑により乳管が塞がり、行き場のない母乳が溜まっている)が出来ないようにするには、赤ちゃんに色々な角度から飲んでもらうのが一番といいますが、しこりが出来る位置によっては赤ちゃんを仰向けに寝かせて四つ這いになって飲んでもらったりする必要があります。

こうなると出禁です。(外出先じゃ絶対に出来ない体制)
もうね、「授乳は赤ちゃんとのスキンシップ」どころじゃない(触れ合ってるの乳首だけ)。
場合によっては赤ちゃんは泣きながら飲む・私は泣きながら半裸っていう・・・スパルタ。
目を見ながら授乳するなんて夢のまた夢の夢。

マッサージしてもらって良くなるんですよ、一時的には。
でも、またシコるんですよ。
白斑ができるんです。
正直、おっぱいマッサージは対症療法でしかないと感じました。
しこりを出来にくくしてくれる訳ではない。

あとね、よく聞く食事制限。
脂っこいもの・甘いもの・乳製品・もち米ダメ。
食べて良いのは、あっさりした和食のみ!
痩せるわ!母乳で痩せるっていうか、食べられないから痩せる。
シコリできると無くなるまで食欲失せるしね。
てか和食しか食べてなくてもシコリできます。
調べたら「食事が原因」って医学的なエビデンスないんですよ。
長年エビデンスのないものを専門家(看護師・助産師)が制限してくるってどうなの。 

娘がシコリを飲みとってくれると、本当に神々しく見えます。
お金もかからないし、本当に助かる。
5,000円あったら娘に何してあげられるだろうって考えちゃう。

おっぱいトラブル(白斑・しこりなど)発生中は、娘のことよりおっぱいの事を考えている時間のほうがよっぽど長い。
生まれてきて初めて「おっぱいの事をこんなに考えている」と言っても過言ではない。
四六時中おっぱいの事が気がかりで、抱っこも満足にしてあげられない。
(抱っこするとおっぱい・乳首に当たって痛かったりする・・・)

こんなに大変な事態になるのに、病院でなんにも教えてくれないのって何で?
あとおっぱいマッサージに保険が効かないのって何で?
しっかり痛みとかの症状あるのに。
だったら風邪とか薬じゃ完治できないんだから、そっちも保険適用外だろって思う。
不満爆発でストレスフルなので、完ミで育てたかったって一日に何回も思う。

The following two tabs change content below.

KAKO

新米ママ
乾燥性敏感肌が悩み。フィリピン留学が私の人生の転機。つるっと殻が剥けるストレスレスなゆで卵をつくれます。記録することが好き。移動中すぐ寝る。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする