【出費】妊娠9カ月目までの妊婦健診費用・お金に関するまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

こんにちは、KAKOです。
7月に入り寝苦しい夜が続いています。
お腹が重くて寝返りしにくいし、子宮に圧迫されてトイレが近く夜中に何度もトイレに起きてしまうので、なかなか熟睡できません。

こんにちは、KAKOです。 とうとう妊娠後期の8カ月目に突入してしまいました。 予定日まで80日を切りました・・・!   胎動を...

↑以降に購入した品から紹介。

乳頭保護クリーム


皮膚が弱く荒れやすいため、絶対に必要になると思い購入。
 
天然ラノリン100%使用で、赤ちゃんも安心の成分。
塗ったまま授乳が出来るということで、こちらを選びました。
 
産前のおっぱいマッサージや乳頭ケアの際にも、使用しています。
余ってもリップクリームや、おむつかぶれにも使用できるのも助かります。
マッサージで使用していて、出産前に無くなりそうなので、次は大きいサイズのものを購入しようと思っています。
  
母があまり母乳は出なかったようなので、私も自分の母乳に期待していないのですが、出来ることはやりたいので、産前からのおっぱい・乳頭ケア頑張っています。
皮膚が弱いので、毎日は出来ず2,3日に一回マッサージするようにしています。
おっぱいマッサージなどで、お腹が張りやすくなる人もいるようなので産科の先生の指示と自分の体調と相談しつつ準備していこうと思います。

助産師さんに、母乳についてどうしたいか聞かれて「出来れば母乳育児をしたい」と伝えたところ、おっぱい(乳首)の様子を確認され少しだけマッサージしてもらいましたが、やっぱりプロは違いました。
自分でマッサージするよりも大粒の乳汁が両方の乳首から5粒ほど出てくれました。

「お腹が張らないなら、頑張ってマッサージをやってね。乳首を乾燥させないように保湿(ベビーオイルとか乳頭保護クリームとかで)してね。」と指示されました。
お風呂はいる時に、マッサージし続けます。

スポンサーリンク

おむつが臭わない袋の代用になるモノ

使用済みのおむつを入れておくゴミ袋でメジャーなのは、↑の「おむつが臭わない袋」ですよね。
ご存知のかたも多い??
私はインスタで知りました。

オムツバケツを買う予定がなく、外出先でオムツが捨てられない時に必要になると思ったのでので、使用済みオムツのニオイ対策として購入を検討していました。
 
 
口コミを見ると、「本当に臭わない」という高評価が多く気になっていました。
でも、約9円前後と毎日使う(場合によっては数枚)には少しコスパ悪いかな~と購入をためらっていたところ、別の商品で臭わない袋がある事を知りました。

それがこの食品用ポリ袋です。
これは「湯せん」が出来るタイプのビニール袋です。
こちらは1枚あたり約6円前後です。
匂いがもれないという効果は同じで、お値段の差が3円/枚というのは家計的に有り難いです。
 
私は楽天のアウトレットセールで、400枚入り税込1,448円の格安(3.62円/枚)で購入することができました。

骨盤ベルト

産院から準備するようにと言われていたモノの中に「骨盤ベルト」がありました。
ベルトはマジックテープ式のものという指示。
 
妊娠後期に入ったら「腰痛になるかも」と思っていて、産前・産後どちらも使えるものを買おうかなと思っていました。
ただ9ヶ月に入っても腰痛はなかったので、産後すぐから使えるタイプのものを購入しました。


カラーは、ピンクとブラックの2色展開です。
マジックテープで止める骨盤ベルトと、腹巻きみたいな骨盤サポーターのセットです。
骨盤ベルトは使ってみないと合う・合わないが分かりにくい商品だと思うので、お値段もお手頃(2,500円~3,000円くらい)なコチラを購入してみました。
 
使用感は、産後使ってから改めて。

里帰り前最後の妊婦健診

里帰り出産を選択しました。
里帰り先の病院からは「34週の健診」から、こちらへ来るようにという指示をもらっていたので、32週の健診が自宅近くの産婦人科での最後の妊婦健診でした。

 
【妊婦健診8回目 32週目 5,000円の助成券使用】
・基本的な妊婦健康診査(問診・診察・検査計測(子宮底長、腹囲、血圧、浮腫、尿検査、体重)←ココまでは、助成券範囲内。
・超音波検査、膣洗浄、診療情報提供料 →保険で3割負担 2,480円
 
里帰り先の病院への紹介状は、3,000~5,000円が相場だとネットでは調べていましたが、保険適用のため自己負担は750円でした。
私が通っている産婦人科は、けっこう何でも保険適用にしてくれる?ので自己負担が少なくて有り難いです。
私が溶連菌に感染してしまったから、紹介状も保険適用になったのかもしれませんが。

こんにちは、KAKOです。 妊娠25週目(7カ月/妊娠中期)の妊婦検診で、溶連菌に感染している事が判明しました。   妊娠...

妊娠確認~妊婦健診8回目(里帰り前)までの自己負担合計は21,050円でした。
出産を無事に終えられたら、また自己負担総額を計算します。

里帰り後の妊婦健診

実家への里帰り後、初めての妊婦健診へ行ってきました。
【妊婦健診9回目 34週目 5,000円の助成券使用】
・基本的な妊婦健康診査(問診・診察・検査計測(子宮底長、腹囲、血圧、浮腫、尿検査、体重)←ココまでは、助成券範囲内。
・腹部エコーも行いましたが、自己負担はゼロでした。

赤ちゃんについて、クリニックでは毎回「小さめだけど、成長曲線内だから順調」と言われていました。
ただ総合病院の先生は小さい事が少し気になったようで、成長しているか確認したいということで「1週間後にまた来て、赤ちゃんの検査をします」と言われました。

ちなみに34週2日で1,851グラムでした。
最初にエコーで計測した時は、1,700グラムくらいで再計測しての大きさです。
エコーでの計測は誤差が出てしまうのは普通のようで、同じエコー画像で同じ先生が2回計測して150グラムも違うとエコーの体重予測は当てにならないのかな?と今では冷静に思えますが、その日は次の健診は二週間後だと思っていたのに1週間前倒しにして検査しなければいけないの?と凄く不安に思いました。

【35週】妊婦健診10回目

一週間後、10回目の妊婦健診へ行きました。
どんな検査を行うのか不安に思っていましたが、赤ちゃんの検査は「NST(ノンストレステスト)」でした。
 
NSTをするのは初めてでした。
30分ほど横になって検査は無事に終了しました。

その後、先生の診察がありNSTは問題なく赤ちゃんは元気で、お腹の強い張り(注意するような張り)もない。
羊水量は十分だし、胎盤にも問題ない。
問題の大きさですが、最初1,900グラムくらいと言われ「え?前回から50グラムしか増えてないですが大丈夫ですか?」と聞き返しました。

「もう一度、計測してみましょう」と言われ今度は「2,132グラム」とのこと。

200グラム以上も一回目と違うけど、どっちが正しいのか分からず不安が募りました。
結局、二回目の2,132グラムが先生的に採用されたようです。
胎児の成長が悪いと羊水量が少ないことが多いそうなのですが、私の場合には羊水量は十分あるため、結果的に「順調」ということになりました。

先生は「胎動はよくある?元気に動いている?」と聞いてきたけど、初産で誰かと比較することも出来ない。
自分ではよく動いていると思っていても、先生が思う「元気な胎動」かは妊婦本人には判断できない。
その為のNSTなんだと思うんだけどね。
先生との意思疎通って、けっこう難しいなぁ。

8,000円の助成券を利用して、自己負担は1,700円でした。
次回の健診は、とうとう10ヶ月目に突入です。
とうとう予定日まで一ヶ月をきりました。
もうすぐ赤ちゃんに会えると思うと楽しみですが、お腹の中からはいなくなってしまうと思うと少し寂しい気もします。
産後は、そんな風に思う余裕もないんだろうと思うけど・・。

The following two tabs change content below.

KAKO

新米ママ
乾燥性敏感肌が悩み。フィリピン留学が私の人生の転機。つるっと殻が剥けるストレスレスなゆで卵をつくれます。記録することが好き。移動中すぐ寝る。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする